Hobie Official Online Shop


Do you know Hobie?

PhilEdwardsmodel

送料無料

Item category

select items

about Hobie

Item category

Hobie公式サイト

TOP > ホビーの歴史

ホビーの歴史

Hobie Alter. He started out shaping surfboards, he ended up shaping a culture.

HOBIE ALTER

これはある男のイマジネーションの世界から発したストーリーである。
1950年の夏休みのある日、若き日のHOBART、Hobie Alterはとんでもないことを思いついた。
それは彼の愛する木(WOOD)と海(SEA)を使って1つの物を作ろうということである。
そのとき、近代サーフィンの歴史がそこカルフォルニア、ラグーナビーチの彼の家のガレージから始まったと言ってもいいだろう。

バルサ材を運ぶホビー・アルター

バルサ材を運ぶホビー・アルター

Hobieは9feetの美しいバルサボードを友人の為に作ることから始めた。
そのボードはスムーズなライディングが可能になると非常に評判ががよく、それからホビー(HOBIE)のホビー(HOBBY:趣味)はビジネスとして成り立つようになっていった。
そして、彼の「革靴を履かず、海、カルフォルニアのパシ フィックコーストハイウエイの近くで仕事がしたい」という夢が実現。2年間で40tものバルサのシェイプのカスを残し、1953年念願のショップをダナポイントにオープンした。
これがサウスカルフォルニアで最初のショップである。

1958年、ホビーと相棒であったゴードンクラークは世界ではじめてフォームとファイバークロスを使ったボードをこの世に生み出した。
この後、ホビーはサーフボードメーカーに、ゴードン・クラークはクラーク・フォーム社を立ち上げるに至る。(このクラーク・フォーム社はこの後2005年12月まで47年にもわたり市場を独占するという伝説を残すことになる)
フォームボードは軽く、速く、自らのレス ポンスを実感できるものであった。


1654 HOBIE STORE in Dana Point

1654 HOBIE STORE in Dana Point

フォームボードは軽く、速く、自らのレス ポンスを実感できるものであった。
その為、フォームボードの需要は急騰、そして全米のサーファーの間でホビーサーフボードは大ブレイクする。
当時のホビーサーフチームには現在レジェンドと呼ばれる多くのライダーが在籍していた。
ジョイ・キャベル、コーキーキャロル、ゲイリープロパー、ピーターパン、ミッキームニョス、ジョイスホフマン、ヤンシースペーサー、そして、フィルエドワーズなど。そうそうたるメンバーによりさまざまな記録が残されている。


フィル・エドワーズ

フィル・エドワーズ

1963年、世界初のシグネチャーモデルである、フィル・エドワーズ(現 HOBIE CLASSIC)シグネチャーモデルの第一号を発表。
その後も確かなシエイプ技術と品質へのこだわりがホビーサーフボードの魅力であり、今もなお受け継がれ多くのファンを引き付けている。


TOP > ホビーについて

ホビーについて

半世紀を経てもなお、サーフシーンをリードし続ける存在。

当時のシェイパー

「HOBIE」この5文字を知らないロングボーダーはここ50年以上いないと言っても決して過言ではないだろう。 HOBIEは世界のサーフシーンを半世紀以上リードし続けている。

いまから半世紀以上前、HOBIEの産みの親であるHobie Alterは、 のちにCLARK FORM社を創立することになるGordon Clarkと共にフォーム製のボードを開発した。
そして、世界初のシグネチャーモデルとして未だに人気の衰えることのないPhil Edwards MODELを世に送り出した。
1960年代HOBIE SURFTEAMには、Phil Edwards、Micky Munoz、Gerry Proper、Corky Carol、Mike Hynson、Herbie Fletcher、Joyceなどといった伝説のサーファー達が多数在籍。HOBIEは彼らを育てたブランドであり、つまりは現在のサーフカルチャーの源であるといえる。

当時のSPLITは時代の流れに関わらず今もなお衰えることなく Hobie Alter、Terry Martin、Mark Johnson、Sean Haggarらホビーを愛する多くの人らによって守り続けられている。

1963年からHOBIE SURFBOARDSをシェイプし続けているレジェンド・シェイパー Terry MartinはHOBIE CLASSICをはじめとするクラシックライン、バルサボードはもちろん、当時のOLD GOOD CALIFORNIAを貫きその手で形として表現し、また新しく育つニュージェネレーションらの欲するものをも形に変え、多くのサーファーの夢をサポートし続けている。

Mark Johnsonらシェイパーたち、Sean HaggarなどのホビーファミリーはHobie Alter、Terry Martinらレジェンド達の全てを吸収し、現代のコンペシーンとも融合させながら先進的なデザインのラインも開発している。
50’s、60’sのころもそうだったように“HOBIE SPILIT”とは 「古きを重んじ、新しきを止まることなくさらに進化させる。」というHobie Alterの成し遂げてきた偉業そのものといえる。 過去、現在、未来 “HOBIE SPILIT” は生き続けている。

TOP > 伝説のシェイパー

伝説のシェイパー

伝説のシェイパー

Hobie Alter

ホビー・アルター

1950年より現在まで常にロングボード界をリードしているホビーサーフボード創立者。
彼のイマジネーションは世界で初めてサーフボードにフォームを使い、ロングボードの醍醐味であるノーズライドを追求、ノーズコンケーブ、ノーズライダーモデルなどを作り出した。
フィルエドワーズモデルなどシグネチャーモデルを発表したのもホビーアルターのアイデア。彼自身もタンデムなどで多くのコンテストで成績を残している。


Terry Martin

テリー・マーティン

1952年からシェイプを始め、1963年よりホビー・アルター、フィルエドワーズと共に数多くのボードをシェイプしている。特に今だ多くのファンに愛されているフィルエドワーズモデルのプロダクションボードの多くはテリーによるシェイプであり、半世紀に及ぶテリーの技術、ノウハウは今もホビーサーフボードで生きている。彼はシェイプを仕事としてだけでなく、心から楽しみ、愛している。常に多くの人間が集まるシェイプルームでは思うようにシェイプが進まないと時に彼は朝、3時からシェイプルームにこもり黙々とシェイプをこなす。
幾つかのボードブランドでシェイプを続けてきた今、テリーは言う。
「今ここでホビーのボードをシェイプすることが幸せだ。なぜかってホビーでシェイプを始めたし、ホビーが好きなんだ」
普段は見たまんま周りに愛と笑顔をふりまく陽気なサンタクロース。

2005年 テリーはINTERNATIONAL SURFBOARD BUILDERS HALL of Fameを受賞。(スペシャルシェイパーの殿堂)入りとも言える賞の受賞です

2012年におしまれながらも他界、彼のシェイピング魂はMark Johnson、Gary Larson,Tyler Warrenに、しっかりと受け継がれている


Mark Johnson

マーク・ジョンソン

UCSB(サンタバーバラ大学)卒業後 ホビーアルター、フィルエドワーズ、テリ-・マーチンなどの元でシェイプを学んだ。
サーフトリップ経験も豊富な彼によって 50年に及ぶホビーサーフボードの伝統は今も引き継がれ常に進化し続けている。
来日経験もあり、お好み焼きが大好きでまじめなナイスガイ。


Gary Larson

ゲーリー・ラルスン

2005年、シェイプ歴  年のゲーリーが自らのシェイプ人生を考えたどり着いたのはホビーのシェープルーム。
そこで彼は身体でホビーのシェイパーらから理論、技術を吸収。シェイプの技術を確実に身につけている。サーフ歴、トリップ歴も豊富で、笑顔を絶やさない温厚な性格から美しいボードが生まれる。